So-net無料ブログ作成
検索選択

スタージンガーDVD-BOXデジタルリマスター版発売決定! [アニメ]








まさか出るとは思ってなかったので(^_^;)、ビックリです!
以前に発売されたセットを持ってるので、どうしようかと。ブルーレイならよかったのにー。
しかし…やっぱり松本零士アニメの仲間に入れてもらっているので、発売してもらえるのかな?
2018年で確かに放送開始40周年ではあるんですが。(ああ、時の流れにクラクラする^^;)
発売をきっかけに新しいファンが増えるといいなと思っております♪


ガチャやっちゃいました(^^ゞ [アニメ]

アニメイトやフィギュアのお店が入っている所に(北九州市のあるあるシティという所です)、新しくガチャガチャコーナーが出来たというので、行ってみました。
探してみると、マジンガーZとグレートマジンガーもあったのでやっちゃいましたよ!

z-1.JPG
ちょっとピンボケしてますが、並べてみました♪

z-2.JPG
ロケットパンチバージョンのマジンガーZ、スマホスタンドになるらしい♪

z-3.JPG
サンダーブレークバージョンのグレートマジンガー、輪ゴムスタンドとしても使えるって(笑)

握手出来るバージョンじゃなかったけど、ちゃんとZとグレートが1体ずつ出たので良しとする!
グレンダイザーも出るといいのにねえ。(こればっかり)

ダルタニアス32話まで [アニメ]

東映Chで放送されている「未来ロボ ダルタニアス」
なかなか感想書けないうちに32話まで放送済です。(^_^;)
弾児くんのエピソードがねえ…今ならスピンオフで社会派ドラマが作れそうな感じです。

続きを読む


バレンタイン&遅ればせながら生誕祝企画 [アニメ]

バレンタインは二日前に職場で配っただけ…でしたが、今日は自分用に買ってきました。
IMG_4076.JPG
後で食べます、↓を思いながら(^^ゞ
sz22-1.jpg
スタージンガーのジャン・クーゴ。私が辛くてあまり見れなくて封印している22話にこんな可愛いシーンがあったとは!というわけで、お宝発掘の気分です。(^-^;)
そして、このクーゴの声を担当したのが石丸博也さんで、2/12が誕生日でした!
12日の夜に気づいて、急に何かしたい気持ちになり、
↓遅ればせながら生誕祝企画です。(長くなったので興味ない方はスルーして下され)

続きを読む


東映chでダルタニアス [アニメ]

東映chで『未来ロボ ダルタニアス』が始まりました。
1979年3月から1980年3月まで放送されていた作品です。
この作品で「クローン」のことを知ったなあ。(学校では専門学科に行かないと教えないよね?)

主人公の楯剣人くんは、かつて銀河系を治めていたエリオス星の皇帝の血筋の者。
というとシリアスなのか?と思いきや、江戸っ子気質で明るい性格。
アール博士に「剣人様!」と持ち上げられたら、高慢になりそうだけど、全然そんなことなく、
エリオスの再興なんぞどこ吹く風です。(^o^)
そういう流れにしたのが良かったですよね♪
まあ、シリアス版剣人くんも見てみたかった気がします(^^ゞ

ダルタニアスに合体する、巨大サイボーグライオンのベラリオスが、剣人くん(ご主人様)に忠実で好きです!(バビル2世のロデムとかね♪)
第3話で目覚める時はド派手な起こし方だったわ。

剣人くんとは性格が反対のクールでニヒル系の弾児くんも好き♪
ニヒル系だけど、ちっちゃい子たちにはちゃんと優しく接してるし、根は普通の少年だよね。
重い過去を背負わされるんだけど…(^_^;)
そんな弾児くんもノリノリエンディングが!↓

続きを読む


グレートマジンガー55、56話 [アニメ]

いよいよグレートマジンガーも最終回です。

続きを読む


グレートマジンガー53、54話 [アニメ]

ついにクライマックスがやってきましたよグレートマジンガー!
その前の51話に、ボスが夢で甲児くんを見て、催眠光線の後遺症?で鉄也が甲児くん、グレートがZに見えたりするんですが、ボスはどんだけ甲児くんが好きなんだという(笑)
でもちゃんと甲児くんの声は石丸博也さんだったので良かったです♪

そして53話。

続きを読む


闘将ダイモス9話について♪ [アニメ]

東映Chにて、ボルテスVの後に始まった『闘将ダイモス』は、1978年4月から1979年1月に放送されていました。
当時、1話は見て、2話目で早くもザセツしたんですよね。きっと好みじゃなかったのかも(^_^;)
放送終了後、アニメージュだったと思うんですが、ダイモスの悪役美形キャラ特集があって、アイザムさんとハレックと、あともう一人(メルビさん?印象が薄くて覚えてない(^_^;))載っていて、ハレックの声が石丸博也さんだったと知って、見たかったー!と思っていたんですよね。
この度、37年経って拝見することが出来ました!
で、色々調べていたら、ガーニィ・ハレックの名前の由来は、SF小説『デューン』に出て来る人物からそのまま取ったみたいですね。ちなみに1984年にハリウッド映画化されてますが、ハレック役がパトリック・スチュワートさんです。こ、これも見てみたい気が(^_^;)
さて本題、9話「母星の誇りを賭けた勇士」の感想です。
メインはハレックさんですが、一矢、エリカ、リヒテル、京四郎、ライザ(リヒテルに思いを寄せる部下ね)、それぞれの思いも、ちょっとのセリフでも伝わって来るので、濃い話でした。
美形キャラは女性ファン向けだけど、ライザのセクシーシーンもあって男の子ファン向け?でバランスとれてるかも(^_^;)
↓調子に乗って画像を貼って、長文になっておりますので、お暇な時にどうぞ(^_^;)

続きを読む


ボルテスV、終わってます [アニメ]

実は5月末までで、東映chでのボルテスVの放送は終わってたんです。
感想サボってました(^_^;)
37話からの怒涛の展開で、40話まであっという間でしたね。
ボアザン星へ行くのはいいけど、ファルコンソーラーバードが合体したら、すぐに向かったように見えます。
ファルコンには基地の職員(戦闘員?研究員や医師もいると思うし、きっとコックさんだって…)がたくさんいるから、家族に一言別れを言う時間を与えたかしら?とか心配したり(^_^;)

続きを読む


ボルテスV・28話まで [アニメ]

東映ChのボルテスVは28話まで見ました。
28話はボアザン星の貴族で将軍だったのに、剛博士の志に共鳴して角を切り落として協力していたダンゲさんが剛博士=ラゴールさんのことを健一くんたちに語る話だったんですが、ボルテスの出番はなしという画期的な回でした。
ダンゲさん、それに剛博士と顔見知りだった感じのズール(退場されました)は、終始剛博士と呼んでいました。
で、たまにハイネル様の父親の名前=ラゴールは地底城での会話でカザリーンさんが言ったりしますが、まだ剛博士=ラゴールとはわからないように徹底された展開になっております。
しかもラゴールさんは裏切り者とされているけど、詳しい罪は貴族にもあまり知られてないらしく、ズールの後任のベルガンも詳しくは知らないようです。
これはやはりザンバジルの奴が情報制限をしてたんですかね<`ヘ´>
で、剛博士の若かりし頃ですが

続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。