So-net無料ブログ作成
検索選択

ボルテスV・28話まで [アニメ]

東映ChのボルテスVは28話まで見ました。
28話はボアザン星の貴族で将軍だったのに、剛博士の志に共鳴して角を切り落として協力していたダンゲさんが剛博士=ラゴールさんのことを健一くんたちに語る話だったんですが、ボルテスの出番はなしという画期的な回でした。
ダンゲさん、それに剛博士と顔見知りだった感じのズール(退場されました)は、終始剛博士と呼んでいました。
で、たまにハイネル様の父親の名前=ラゴールは地底城での会話でカザリーンさんが言ったりしますが、まだ剛博士=ラゴールとはわからないように徹底された展開になっております。
しかもラゴールさんは裏切り者とされているけど、詳しい罪は貴族にもあまり知られてないらしく、ズールの後任のベルガンも詳しくは知らないようです。
これはやはりザンバジルの奴が情報制限をしてたんですかね<`ヘ´>
で、剛博士の若かりし頃ですが

001-1.JPG
これはまあ、角があるので、仮の姿ですよね…若くして科学大臣になった頃。20代前半くらいかなあ?
声は水島裕さんでした。

002-1.JPG
ザンバジルに角がないことがバレて労奴に落とされ、反乱を起こして、仲間たちから今は脱出して生き延びて下さい!と言われて泣く泣く脱出した時です。

003-1.JPG
地球に流れ着いて剛光代さんに助けてもらい、そのまま結婚しちゃった!
ボアザン星のロザリアさんといい、ラゴールさんはモテる男なのでしょう(^-^;)

004-1.JPG
3人の男の子に恵まれ、いい感じにお髭もはえた健太郎さん。
まあ、ボルテスVはラゴールさんの話でもあるもんね。
というか、貴族から労奴に落とされて苦労したラゴールさん、皇帝の息子なのに正室の子供ではないことでひねくれてしまったザンバジル、裏切り者の子供として辛い日々を過ごしたハイネル様、この3人はある意味似てる境遇なのに、育った環境や本人の性格で違う道を歩んだね、という話でもありますね。
ボルテスチームがかすんじゃうよね(^_^;)

さて、ボアザン星人の血を引いているとわかった剛三兄弟と周囲の人の反応は?
今後も気になる展開になります!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。